白髪染め選びは成分表示の自己点検から。

白髪染め情報マトメ

白髪染め情報マトメmainimage
白髪染めで健康被害にあわない自己防衛策は、成分表示をじっくりとチェックすること。そしてネットや民間の相談機関を活用することです。
白髪染め選びは成分表示の自己点検から。

みなさんは安全性の高い白髪染めの選択基準というのを、具体的にしっかりと考えたことがありますか。

最近では無添加や天然成分の白髪染めを使ってもアレルギー症状を引き起こす人が出てきたり、引きつけを起こす人もあったりして、メーカーではその対応に追われています。

「無添加」と表示されていても、それは厚生労働省が定めた成分が入っていないという意味だけで、それで完璧・絶対にアレルギー症状を引き起こさないというわけではありません。

もしかしたらその白髪染めには、厚生労働省が定めた以外のアレルギー物質・成分が入っているかも知れません。

究極は「無添加」とか、「天然成分」という表示を頼りにしてしまう白髪染めの買い方を改め、製品に含まれている成分を細かく自分でチェックしていくことがいちばんの対策になるようです。

白髪染めはすべての成分の表示が義務づけられていますから、そういう意味では、白髪染め製品の中に入っている仕様書・成分表示などを丹念にチェックすればいいわけです。

もっとも成分だけをチェックしても、白髪染めの専門家でもない限りその成分が何でどう作用するのかはわからないと思います。

この際ですからパソコンなどを使って白髪染め成分の1つ1つを調べ上げ、“白髪染め製品選びのスペシャリスト”になる手もあります。

実は白髪染めやヘアカラートリートメントといったヘアケア商品には、成分と健康被害問題が不可分であって、白髪染め愛用者の半数以上が過去に自分自身の髪や地肌のことでトラブルを抱えた経験があるのだそうです。

ネットで調べると肌トラブルをおこした人の話が見つかりますよ。

自分がスペシャリストになるのは難しいと考えるなら、肌トラブルにみまわれた人が様々な白髪染めを試した比較サイト(白髪染めトリートメント徹底比較)があるのでこうしたサイトを参考にしてみてもよいでしょう。

また、相談にのってくれるNPO組織などもあるようですから、白髪染めの成分表示や使い方で理解できないことがあったら、積極的に活用していきましょう。

Copyright 白髪染め情報マトメ All Rights Reserved.